子育ても終わり、自分の現在、過去、未来(?)を、つれづれに綴っていきます  孫の成長記録も時々・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
低置胎盤で総合病院に転院した、姉娘。


今日一緒に検診に行ったら、

あんまり思わしくなく、帝王切開になることが、ほぼ決まった。

ぎりぎり普通分娩が可能になるかもしれないけれど、

初産だし、安全策をとった方がいいだろうということで、手術の日を決めてきた。


出血が多くなるようなので、ちょっと心配だけど、

赤ちゃんは順調で元気なので、ま、大丈夫だろう!!!


そしてそして、

息子夫婦にも、赤ちゃんが出来たと嬉しいメールが来た


1月に流産した時には、本人たちはもちろんのこと、

回りも、とても悲しい思いをしたので、

今度は安定期になってから報告しようと、二人で話し合ったんだとか。


11月の末には、3人目の孫が生まれます。



そしてそしてそして・・・・

カナリンのお弁当も終わり、

今月に入ってからは給食が始まった。


attachment00 (9)


attachment00 (7)


attachment00 (11)


attachment00.jpg


attachment01_2014061923332087c.jpg


毎日早起きして頑張った妹娘。



子供達は、三人三様、

今のところ、なんとか平和な家庭生活を送っている


先は長いぞ!!!




スポンサーサイト
attachment02.jpg


attachment01 (2)


attachment01.jpg


attachment02 (3)


attachment01 (3)


今月いっぱいはお弁当。

時々送ってくる写メ。


頑張ってるなぁ、妹娘。



でも、

お迎えに行った時 先生に、

「あ~んして!と言って、隣の子の口にホウレンソウを入れようとしてたので、

やめさせました」と、言われたとか・・・






「ホント、奏ちゃんておもしろいわぁ~」と、先生は笑っていたらしいが、

妹娘は、

まったくもうーーーーー!と、恥ずかしがっていた。



クフフフフ(*^_^*)



カナリン、なかなかやるね~(*^^)v





attachment00 (4)
入園式の日・・・

式が終わって園庭に出た子供達。

親にくっついていたり、走り回っている子が大半なのに、

カナリンは一人ジャングルジムのてっぺんに登り、大喜び!

帰るから下りてきて~と、何度言っても、どこ吹く風!!!


まったく、言うことを聞かず、ハイテンション!


妹娘が言うには、

お迎えに行っても、なかなか帰ってくれず、園庭で遊びまくっているとか。

カナリンが帰らないので、他の子も、一緒に遊んでしまい帰らない!


「もう、他のお母さんに、すみませ~んて、謝ってばかりだよ~(>_<)」と、

早くも妹娘は、わんぱくカナリンの洗礼を受けている


5月に入ってからは毎日お弁当。


__ 1


__~00021


attachment00 (2)


毎日、いろいろ工夫して作っているみたい。


とにかくカナリンは、

自己主張がはっきりしていて、母親に対しては容赦ない感じ。

本気でケンカ腰でやりあっているのをみると、

本当に、「よしよし!」と

バァバは思ってしまう。


親が苦労するほど、子供は幸せ。


いい子で、親が楽だと、子供が・・・どこか我慢している。屈折してしまう。

あくまでも、私の独断と偏見かもしれないけどね。



頑張れ、カナリン!



負けるな、妹娘!

(*^_^*)


実は・・・

姉娘の嬉しい妊娠報告の後、

我が家にはもう一つ大きなサプライズがあった。


部屋に戻ると息子が、

「実は自分たちも・・・なんだ!」って。

予定日も同じ7月末だと。



ええええええええええーーーー!?



前日だって一緒に食事したり、部屋で飲んだりしたのに、

どうして言わなかったのぉ~


お嫁ちゃんいわく、

「今回は夕香ちゃんのお祝い事だから、全部終わってから報告したかった」って。


本当に気遣いの優しい子なんだからぁ~



こんなに幸せなことがあるなんて!

うれしい。

よかったよかった。




姉娘は、

大事な時期なのに、飛行機になんか乗ったりして大丈夫かなぁと気にしていたけど、

お互いに頑張って、しっかり赤ちゃん産もうね~と、

みんなで握手して、幸せいっぱいで別れ、

息子たちはアメリカに帰っていった。



「無事着いたよ。これからはもっと栄養のバランスを考えて料理かんばるよ!」

と、メールが来て、(やっぱり料理担当は、息子なんだな(^_^.))

一週間後、



「残念だけど、赤ちゃんダメになっちゃった」とメールが来た。



医学的に、母体の行動や何かが原因ではなく、受精卵その物の何らかの異常で

育たなかったのだと、冷静で詳しく丁寧な説明のメールだった。(息子らしい)


どんなにか悲しかっただろう・・・



悲しいな。





そして、

先月、姉娘は、低置胎盤ということが分かり、

大量出血は間違いないし、帝王切開の可能性が大きい、

最悪は、子宮摘出も覚悟するようにと言われ、

大きな総合病院に転院させられた。



なんとか、無事に出産できるようにと、祈るしかない。




今年に入ってから我が家はみんな、

命の誕生の不思議さとか、ありがたさとか、

とても深く考えさせられている。





頑張って無事に生まれてくるんだよ~







姉娘の結婚式は、両家の極近しい親族だけで行ったので、

式の後はみんな普段着に着替えての食事会となった。


姉娘だけは、一生に一度だからと、

白無垢から、ふたりで選びに選んだという打掛にお色直しした。



みんなが泊まるホテルの支配人が、司会を買って出てくれて、

和やかで心温まる会になった。



マツ(妹娘のダンナ君)が、二人のために歌を唄い、

かっちゃん(姉娘のダンナ君)のおじいちゃんお得意のカラオケで盛り上がり、



そして、

二人が生まれてから結婚に至るまでの写真のスライドショー。



最後の写真が、

なにやら・・・

エコー写真のような・・・



えっ?

えっ?



え~?




サプライズ過ぎるよ~!!!


誰も知らなかった。





みんな、涙涙!




顔をくしゃくしゃにして、一番泣いていたのが・・・かっちゃん!




おめでとう。

よかったね。よかった、よかった。





7月の末に、

姉娘とかっちゃんは、

お父さんとお母さんになります。




現在、妊娠7ヵ月、

姉娘は、相撲取りのように、


のっしのっしと、歩いている。(^O^)









// ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。